書き捨て山

雑記、雑感その他

自由

 自由は利害得失を超えたところにある境地だ。起き抜けにそんなフレーズが前触れもなく頭に浮かんだ。それはインスピレーションのようなもので、自分でも全く想定も予期もしていないことで驚いたが、なぜだか自由という言葉や概念についてそのその時一瞬で腑に落ちたような、感得したような感じした。

 思えば私は自由という言葉を深く考えずに用いていたような気がする。自由がないとか、自由が欲しいとか、絶えず考えたり愚痴をこぼしたりはしても、そのくせ自由とは何か、と思案することに時間を割くことは殆どなかったし、戯れにそれを考えたところで、せいぜい「自分の思い通りになる状態」などといった程度の認識しか持たなかった。

 しかし、そんな次元とは一線を画す視点が私に何の予兆もなくもたらされたのだ。損得を超えた領域に自由があるとは、一体どういうことなのだろうか? これは逆に言えば、損得勘定に基づいて物を考え判断を下すとき、人は自由がないということになるがそれは果たして本当なのだろうか。これは自分でも完全には把握しきっていない感がある。

 確かに利益や得だけを追い求めるとき、人の精神には余裕がなくなる。その状態を指して自由がないと言うなら確かに一理あるかもしれない。損得に振り回されそれに囚われた状態はたしかに窮屈ではある。しかし、それの一体何が悪いというのか、という思いもある。自分の利を最優先するのは人間として当然のことではないか。

 しかし、それが人としての営みとして当然であるということとそこに自由がないという指摘は矛盾がない。それが悪であるとは言えないもののそれこそが自由であるとも明言することも能わないのではないか。欲得への固執と自由の追求は天秤にかけなければならないものなのかもしれない。

 手探りで考えつつも、朧気に掴みつつある。何かを得たい、あるいは失いたくないと執着すれば自由を失う。自由を欲するならば、得失という指標に拘泥している自分を明確に意識し、それから距離を置き、また可能であるならそれから離脱しなければならない。自由を求めるならば損得勘定から離れた視点を持たなければならない。それを成し得ないならば厳密な意味での自由はないのではないか。

 欲得に執着して何かを求めることは自由ではない。何得られなかったとしてもそれに構わない境地に達したとき、その時にはじめて人間に自由が与えられる。自由とは欲しいものがある状態でもそれを追い求めることができるということでもなく、何も欲さず、また求めていない状態を指す。

 執着が悪いのではない。何かを欲しいと願うことは自然なことではある。しかし、その思いを自己の本質と見なし、欲望と自分を切り離すこと無く完全に同一のものだと見なすとき、そこには自由がないと言うだけの話だ。自由を求めるか欲し求めるか、それらから人は二者択一をしなければならない。

 そう考えれば、自由とは万人にとって絶対の願いというわけではない。手に入れたいものや目指しているなにかを追い求めることを「自由になる」または「自由でいる」ことよりも優先することは全然おかしいことではない。むしろ「必要なものがない状態」を志向するよりも何かを絶え間なく追求し続ける精神のほうが我々が生きている社会においては一般的と言うか人口に膾炙している。何かを必要としないだの求めないだのと宣う人種のほうが少数派であり、異端であると言えるかもしれない。

 私個人としてはその方を是としたい。そのために必要なことは自分を突き動かす衝動についての明確な理解とそれに対して常に意識的であることだけだ。自分が何を欲し、願っているか。またそれはどうしても自分にとって不可欠なものかどうか。生きるためにどうしても執着せざるを得ないものは多々あるだろうし、それに対しては多少「自由」を犠牲にしてでも求めるしかないだろう。

 しかし、私たちにどうしても手にしなければならない、あるいは手放してはならないものは、どれだけあるだろうか。具体的な名言はしようもないが。それは決して多くはないのかもしれない。逆に必須でないものについては不要であると断じ、それへの執着を意識的に放棄し、自由を志向する道もあるはずであるし、それこそが今生において私がしなければならないことではないだろうか。

 利害得失を超えた境地としての自由を可能な限りで追求する。そのために必須でないものを見極め、それを手放し遠ざかっていく。私が生涯を通して完遂すべき修行がそこにはある。私が成し遂げなければならいことはその一事のみであるということが明らかになった。何かを得ることが人生の本分ではなく、実際はその真逆の試みこそが肝心であったのだ。

 休日の朝、起き抜けに得た天啓は私にとって青天の霹靂であった。それは私に自由の本意と生きる指針を授けた。私は得ることよりも手放すことの重大さを知り、また死ぬまでの間にすべき事のなんたるかを感得するに至った。無論これは頭では分かっていたというか、スピリチュアルな世界では近年よく言われていることではあるのだが。

 知識として見聞きして頭で知っているという状態と、それを腑に落とすということでは言うまでもなく決定的な違いある。前者の段階から後者に移行することがどんな分野においても思いの外難しいのだが、自由というものが何かということについての明確な答えが腑に落ちたのは私にとって大きな収穫だった。

 だが考えようによっては自由とはつまらないものだ。執着をなくせば確かに気苦労は減るだろうがその境地は楽しくも面白くもないのだろう。余人の月並みな感覚から見れば自由など案外好ましいとは言えない代物なのかもしれない。それを求めるということは畢竟変人や暇人の専売特許なのかもしれない。

 しかし、それでも一向にかまわない。重要なのは自由とは何かということであり、それを礼賛すべきかどうか、志向しなければならないのかということではない。欲望や執着に没入し、骨の髄まで耽溺するという道があってもしかるべきだし、考えようによっては面白さではその方がいいという見方もある。

 要するに欲にとらわれ自由を無くすか、それから離れるかは個人の裁量により、それの良し悪しは一概には言えないのだ。欲し、願い、望むのは大いに結構だがそれに拘泥するならばそれを明確に意識すべきで、その状態からは自由は望むべくもないと知っていさえすればいいのだ。逆にそれが苦しみのもとであると考え自由を望むならそれを試みても良い。

 漠然と自由を願い、それがあるかないかで思い煩うことが問題なだけだ。そこから脱すれば自由とは何で、それが得られるかどうかなどは重要ではない。問題の大半はその本質への無理解や無自覚であり、それが解消されればそれはもう深刻な悩みではなくなるだろう。私に今朝置きた事件は結局のところ、自由のなんたるかを明瞭に意識できるようになったというただそれだけのことにすぎない。

 損得で考えてもいいし、そこから離れれば自由がある。要約すれば簡単で自明な話であった。しかし、裏を返せばそれにこれまで気づくこともなく浅はかに生きてきたということでもある。自由という言葉は世間で頻繁に用いられるし、私自身よくそれについて思うことはあったが、その実それについて明確な定義をすることもなく、なんとなくでそれがない、得られないと悩み不満を抱いていたのはとんだお笑い草である。自由に限らず、はっきりと分からないものについて私は知りもしないで思い悩んだり煩ったりしていることが存外かなりあるのかもしれない。