他力斎

雑記、雑感その他もろもろ

忘却

 今日ここに書こうと思っていたことが全く思い出せない。今朝に風呂場で色々と、どのような運びで文章を書き連ねるか、かなりハッキリと思い浮かべていた記憶だけはある。しかし具体的な内容については一つも覚えておらず、日課の作文に普段以上に難儀している有り様だ。そのため何も考えず用意もないまま、無為無策かつ暗中模索で書き進めていかなければならない。

 自身の身の上話から始め、そこから深く掘り進めるような構成するつもりだったかもしれない。しかし、それはだいぶ前に取り留めもなく考えたことだったような気もする。要するにやはり一向に思い出すことができないままだ。どうせ大した内容の文章にならないのだから忘れ去ってしまったところで別段どうということはないのだが、思い出せればそれに越したこともないので一抹の未練は残る。

 これまでの人生で俺はどれほど多くの事柄を忘れてきただろう。大切なことからそうでないことまで、俺は他人と比べてかなりの物事を忘却の彼方に置き捨ててきた感がある。その中には失念してはならないことも決して少なくなかったかもしれない。全てを忘れてしまいたいと思うこともあるが、逆に何もかも忘れずに記憶にとどめておけたなら、どれほど得をするだろうか、と夢想する気持ちもある。

 俺の人生から通り過ぎていった、または俺が取り零してしまった諸々について、思いを馳せれば惜しむ気持ちが増していく。かつて睦まじくしていた人間の顔や名前すらも、その多くを俺は覚えたままにはしておけない。本を読んでいる時も、読み終えた本の内容を読了し次第その殆どを忘れ去る。ページを繰れば前のそれについて忘れ、一行読み進めればその前の行のことを、俺はこころに刻み込んだままにしておけない。

 今日という日に自身が浴しまたは被ったうちの大半を俺は一眠りすれば忘れるだろう。それはある意味では幸福なのかもしれない。今日の仕事も辛かったし、思い出したくもない目にも遭わされた。それらを逐一、脳裏に焼き付けたままにして生きることは言うまでもなく耐え難い。忘れるから難儀することも多々あるが、覚えられないことで精神が保たれると言う側面も一方ではある。

 

 

 俺は何を覚え、また忘れるべきだろうか。今日作るはずだった文章については忘れるべきではなかったが、今日職場で遭ったことについては覚えておくべきではない。都合よく何かを覚えたままにしておき、逆にそうでないことは綺麗に忘却できる能力が自身に備わっていたなら、俺はもっと器用に生きられたかもしれない。学校でも会社でも、よりよく立ち回ることが出来たろうし、余計な気苦労をせず済んだだろう。

 しかし、生きる上で絶対に覚えておかなければならないことなど、本当に存在しているのだろうか。現代はインターネットで大抵のことはすぐに調べられる時代だ。スマートフォンがあれば家の外でもネットで情報を検索できる。このような時代において、何かを憶えたままにする必要があるかどうか、俺は疑わしく思う。必要なことは、必要に迫られた時に随時、引き出しさえすればそれで足りるというのは極論だろうか。

 結局のところ、欲しい情報に如何にしてアクセスするかだ。現代人に求められているのは何をどれだけ覚えられるかではなく、欲しい情報に適宜たどり着き、それを適切に活用する能力である。そのように考えれば、覚えられず忘れてしまうことの弊害など実質ないと言い切ってよい。知識や情報を自身の頭の中に溜め込むことよりも、外部から必要なものを必要な時に引き出せる力の方が今の時代は求められる。

 ある情報に触れる時、それを記憶することを目的とするのは古い考えだ。脳を情報に晒し、それを処理することにより必要な情報にどのような手段でアクセスし、それを活用できるようになるか、それを可能にするための訓練が学習や調査、研究なのだと定義したい。それならば、何かをやったり鑑賞したりしたものの仔細については覚えられず忘れてしまったとしてもそれについて気に留める必要はなくなる。

 知ることと覚えることは必ずしも不可分ではない。覚えられなかったとしても、知ろうとし実際に何らかの知識や情報にアクセスしたという経験は、それについて大して記憶できなかったとしても何らかの肥やしには必ずなるだろう。二度三度同じ事物に辿り着くために必要な労力は一度目のそれよりは格段に少なくて済む。それについての顕在的な記憶は失っても、それに到達する手法や段取りは身に付けたまま保つことは十分可能だろう。

 

 むしろ、単なる記憶など強引に頭に留めない方が良いのかもしれない。これは客観的な事物に関するもののみならず、個人的な思い出の類いにもまた言えることだ。覚えておくということを人は、ともすれば美徳であったり有能さの証であるかのように考えてしまいがちだ。しかし、余計なことばかり頭の中に溜め込んでおくことは立派なことだとは言い難いのではないだろうか。

 むしろ人は積極的に忘れ、意識的に覚えずに済むようにすべきだ。生きるために絶対に不可欠なことは否が応でも人間の脳に深く刻み込まれる。つまり、覚えられないということはそもそも本来は必須ではないことなのだ。それならば逐一あらゆる一切を記憶しておこうなどと試みるのは徒労でしかない。そしてそれをしなければならず、またそれにこだわり続けようとするのは愚かさの顕れだ。

 知識はいくらあっても良いなどと言う考え方があるが、俺はそれには与しない。覚えるということはそれだけで骨が折れるし、手間も時間も気力もかかる。俺はある時、勤め先で取り扱っている商品の仕入れ単価や販売単価、卸売値から参考上代まで、各商品の全てを暗記していつでも諳んじられるようにしておけ、などといった無茶な要求をさせられたことがあるが、噴飯物だ。

 それに囚われ本来やらなければならない仕事や作業に支障をきたす可能性について、それを要求した者は一顧だにしていない。実際それでどうなったわけではないのだが、俺は精神的に余計な負担を被った。これは俺にとって間違いなく損失である。覚えていることが無条件かつ問答無用で好ましく望ましいという考えはこの例においては俺にとって害悪でしかなかったと言える。

 これは少々極端すぎる一例かもしれないが、世事の相当なものはそれと同じようなものだと俺は思う。本当に心に刻み込み一生涯、忘れないようにしなければならないことなど、人生に一体いくつあるだろう。それは実のところ決して多くはない。枝葉末節の些末な諸事については、如何に自らが覚えずに済ますかに心を砕くべきだ。要点を抑えずに何でもかんでも記憶しようとし、それができるかどうかで一喜一憂することは単に暗愚なことである。

 

 

 心に刻まずに済むことなど、所詮は大したことではない。それについて思い煩う必要などなく、それに固執するとしたらそれは単なる人生の損失に過ぎず、時間の無駄でしかない。本質的に知るということは必要な情報に適宜アクセスできるようにしておくということであり、単に一個の人間脳に些細な物事を溜め込むことでは絶対にない。覚えるために何かを見聞きするのは皮相的で無意味なことだと断じてよい。

 風呂場でのふとした思いつきや下らない会社で扱っている商品の値段など、俺にとっては何の価値もない。それは覚えられないということが何よりもそれを明らかにしている。何かが覚えられないなら、本来それは自分にとって不要であり意識から切り捨てるべきものなのだ。覚えようとすることがそもそも馬鹿げており、またそれが出来ないからと言って別段、なにかを思ったり感じたりしなければならないということもない。

 極論すれば、人生において必須なのは死なないようにすることと安全かつ快適な環境の確保だ。次点で利便性と快楽の追求くらいが必要な物事であり、それらに当てはまらないことなど捨て置いて一向に構わない。世間においては、物質的に多くを持たないことが美徳として語られることが多くなったが、それは記憶や思い出という形而上の抽象的な物事にも、そのまま当てはまる。

 どんな財産も墓場には持っていけないとよく言われるが、それは覚えたことにも言える。未来永劫すべてを暗記したまま己を存続させることなど不可能だ。仮にそれが可能だとしても、俺は御免被りたい。俺は反対に、全てを忘れてしまいたいほどだ。一個の人間として今まで経験した一切合財を全て忘却の彼方に捨て去ってしまいたい。そして忘れたということも忘れ、有り触れた言い方になってしまうが、無に帰したい思いでいる。

 だが、肉体が健在である限りは生活を営む必要に迫られる。そしてそのためには必要な局面に必要な情報を引き出し活用しなければならない。しかし、逆に言えばそれが出来さえすれば細かいことを一々覚えておく必要など全くない。博覧強記の生き字引が尊ばれるような時代はとうの昔に過ぎ去り、知識は無限に個人の外部に移しておけるようになり既に久しい。それならば人は積極的かつ意識的に覚えないようにすべきであり、それが出来ずにあれこれ覚えることに執着するのは、時代遅れの誤った考え方だと言えるだろう。

広告を非表示にする